照明のコントロールが自由自在!IoT照明Hueとは?


スマートスピーカーを中心にIoTに関するニュースを目にすることが増えましたね。
ご家庭でも使って見たいと思ってる方は増えているのではないでしょうか??
でも色んな製品があるし、なにからはじめていいかわからないという方も多いと思います。
そこで今回は代表的なIoTデバイスであり、生活に馴染みの深い照明をIoT化した「Philips Hue」についてご紹介しています。

Hueって聞いたことあるけど、何が出来るの??

Hueはお使いのスマホなどのデバイスから照明のオンオフを操作し、色々な場面に合わせて照明を調整出来る最先端のスマート照明です。
例えば音楽やゲーム、映画などとHueをシンクロさせ、臨場感を演出することができます。他にはスマホアプリと連動し起床時に朝日に近い照明で目覚めることが出来るなど様々なことが出来ます。
また、2017年末頃からよく目にするようになったスマートスピーカーとも連携可能です!(Google Home・Amazon Alexa)

Hueがあると自宅のリビングこれまでとは違う方法でおしゃれに、便利にすることが出来ます。

使い方の一例を紹介!考えられるシチュエーション

次に考えられる使用シチュエーションを思いつく限り書いていきます。(もちろんこれ以外にも色々あると思います。)

・座ったままスマホでのスイッチのオンオフ
・手が離せない状況で声によるスイッチのオンオフ(スマートスピーカーと連携)
・1%単位での照度の調整
・1600万色のカラー光に変更できる
・外出や帰宅に合わせて自動消灯点灯をする
・起床や就寝など、生活サイクルに合わせて消灯点灯を設定することが出来る

などでしょうか。

部屋や雰囲気に合わせて細かく色を調整出来るのは普通の照明では中々出来ないことですね。
また、座ったまま照明がオンオフ出来たり、声で照明を操作出来るのは、子育て中だと地味に便利ですね。

他にも公式アプリ以外のサードパーティアプリを使用すれば更に出来ることが増えます。
サードパーティアプリに関しては今後の記事でご紹介して行ければと思います。

最後に

いかがでしたか?Hueの可能性を少しはご紹介出来たのではないでしょうか。

現在IoTデバイスはスマート照明だけではなく、様々なものがあります。スマートスピーカーやスマートロック、IoTカメラなど多種多様です。インターネットに繋がったデバイスがどんどん生活の中に増えていくと考えられてます。
海外では「Connected X」という概念・呼び方があり、インターネットに何かが繋がる状態を表しています。

普段の生活がどんどん便利に楽しくなっていくのは楽しみですね。
反面セキュリティをどう担保するのか?という問題も出てきつつあるので、セキュリティに関しても出来る限りお伝えしていければと思います。