SONY、スマートホームをより身近にするプラットフォーム「MANOMA」を発表

ソニーネットワークコミュニケーションズは、Alexaを搭載した独自のAIホームゲートウェイを中心に、室内コミュニケーションカメラ、QrioなどのIoTデバイスを組み合わせたスマートホームサービス「MANOMA」を発表しました。サービス開始は10月23日予定。

MANOMAとは?

AIホームゲートウェイ(中央)

「MANOMA」は、従来のスマートホームサービスで提供される「セキュリティ」、「オートメーション」に「ニューライフスタイル」を加え、新たなライフスタイルを提案するサービスです。独自開発のAIホームゲートウェイと室内コミュニケーションカメラは、洗練されたデザインで日常生活に自然に溶け込みます。また、独自の解錠アルゴリズム(*1)により遠隔地から安全に玄関扉を解施錠できるため、家事代行のような生活支援サービス事業者などに鍵を預けることへの不安を解消し、不在宅でも安心してサービスを利用することが可能になります。多様なライフスタイルに適した自動制御は、これまでの自宅をより上質な生活空間へと導きます。

室内コミュニケーションカメラ(左)

AIホームゲートウェイは、スマートホームハブ機能に加え、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービスAmazon Alexaを搭載し、スピーカー・マイク機能やLTE通信接続機能も搭載しています。Bluetooth®、Z-Wave Plus®に対応するスマート家電を連携させてコントロールしたり、本機自体をWi-Fiルーターとして利用したりすることができます。

室内コミュニケーションカメラは、カメラを物理的に遮断するプライバシーレンズカバーや人感センサーを搭載しています。プライバシーレンズカバーは家族の在宅時には閉じており(*2)、家族全員の外出を検知すると自動的に開いて撮影・録画が開始されます(*3)。ソニー製の高感度CMOSセンサーを採用し、暗所でもクリアな映像を撮影できます。また、膨大な録画データから人感センサーが反応した時間だけを見返すことができるため、録画データの確認を効率化することができます。さらに、スピーカー・マイク機能も有するため、先に帰宅した家族とカメラを介して双方向コミュニケーションをとることが可能です。

セキュリティ

・室内コミュニケーションカメラのプライバシーレンズカバーは家族の在宅時には閉まっており、家族全員の外出を検知すると自動的に開いて撮影・録画が開始されます。カメラが物理的に遮断されることで、監視されている感覚を抑えます。

・室内コミュニケーションカメラのマイク・スピーカー機能を利用して、家にいる家族と会話をすることができ、外出中の利用者が家にいるかのような安心感を与えることができます。

・警戒モード(*4)の間に窓が開くなどの異常が検知された場合には、AIホームゲートウェイから大音量の警告音が鳴るとともに、即座にスマートフォンに通知します。異常モード専用のダッシュボードからは、「カメラを見る」、「セコムに電話」など取るべき対応アクションを迷わず選択することができます。異常モード中に撮影された映像は、自動でクラウドにバックアップされます。

オートメーション

・MANOMA アプリには、「帰宅・外出検知」、「在宅者による家族の呼び出し」などのライフスタイルレシピがプリセットされています。人感センサーがリビングに入ったことを感知したら自動的にBGMが流れるなど、普段のライフスタイルに寄り添う心地よい生活空間の演出を手軽に実現できます。

・AIホームゲートウェイには、Amazon Alexaを搭載しているため、「アレクサ、MANOMA で戸締まりを確認して」などと話しかけるだけで、忙しい朝や就寝前などに自宅内のドアや窓の開閉状態を確認できるようになります(*6)。

ニューライフスタイル

鍵を預けることなく、不在宅への生活支援サービスを利用可能に

・「MANOMA」は、家事代行、ハウスクリーニング、ペットサービス、介護、宅食サービスなど多様な生活支援サービス事業者と連携。MANOMAアプリを通じて玄関扉を解施錠できるため、サービス提供時間に不在の場合でも、事前に事業者に鍵を預けることなく自宅内へのサービスを利用することが可能で、時間を有効活用することができます。 サービス時間帯に、訪問者が適切なスタッフであることを確認したうえで、利用者が遠隔操作で解施錠します。室内コミュニケーションカメラを介して、自宅内の様子をリアルタイムに確認できるだけでなく、サービス事業者のスタッフとコミュニケーションをとることもできるため、利用者は、より高品質なサービスを安心して受けることができます。

・「MANOMA」は、生活支援サービス事業者へ、事業者側から解施錠の運用が行えるカギ解施錠サービスを提供することで、利用者と事業者の信用の仲介を行います。利用者の事前同意のもと、訪問者が適切なスタッフであることを事業者が担保したうえで、サービス時間帯のみ事業者が解施錠を行えるようになります。
※2019年2月以降、順次提供開始予定。

利用可能な機器・サービスに応じて、「エントリープラン」、「シンプルプラン」、「ベーシックプラン」、「アドバンスプラン」の4種類があり、すべてのプランにおいて「セコム駆けつけサービス」(*7)やチャットサポートを無料で利用することができます。専門スタッフによる工事・設定サポートがあるため、設置に不安がある場合でも、手軽に導入することが可能です。本日10月10日より受付を開始し、10月23日より順次サービスの提供を開始します。

詳細な情報はこちら

(*1)2019年2月以降、順次提供開始予定。
(*2)プライバシーレンズカバーはプライバシー設定に応じて動作します。プライバシー設定は、ユーザーごとに行うことができます。
(*3)不在時にドアの開閉を検知するなどの異常を検知した場合には、microSDカードに録画されるだけでなく、クラウドへも自動的にバックアップされます。
(*4)「警戒モード」へは、家族全員の外出を検知すると自動的に移行するだけでなく、就寝前などにMANOMAアプリから手動で変更することも可能です。
(*5)実際のアプリ画面とは異なる場合があります。
(*6)Alexa Skill公開予定。
(*7)「セコム駆けつけサービス」は、別途セコム株式会社との契約が必要です。駆けつけサービスを利用した場合、1回あたり30分につき5,000円がかかります。
(*8)上表の月額料金は、機器を割賦(36回)で購入する場合の2~36回目の月額料金です。「AIホームゲートウェイ割引」、「プラン工事割引」が適用されます。詳細は公式サイトを参照ください。

※記載の金額はすべて税抜金額です。別途消費税がかかります。
※記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。
※Z-Wave Plus®は、Silicon Laboratories社の登録商標です。世界的に普及しているIoT無線規格で、700社以上のZ-Wave Alliance メンバーと、2,400以上の相互運用可能な製品があります。