VRでイメージを体験出来る新築分譲マンションモデルルーム

マンションを購入する前にマンションモデルルームを見学することが出来ますが、すべての間取りやカラーセレクトを見ることは出来ません。

そこで、最近知られてきている「VR」を使うことで完成後のイメージを体験することが出来ます。
モデルルームに展示されているタイプとは異なる間取りやカラーセレクト、眺望イメージなどをVR空間上で思う存分に体験することが可能になります。

九州新幹線や駅前の大規模再開発でこれからのさらなる発展が期待される福岡県久留米市でのプロジェクト、「サンリヤンJR久留米駅前」モデルルームでは、九州にはほとんどない(九州発?)VRでのお部屋イメージ体験が出来ます。また、サンリヤンJR久留米駅前モデルルームではタブレットでの最新接客ツールも使っており、よりイメージしやすくなるように工夫がされています。

ITを駆使した最新の新築分譲マンションモデルルーム

2018.07.26

VRとは?

写真はVIVE PRO

英和辞典(※1)で「VR」と引くと、「virtual reality(バーチャル=リアリティ)」の略であると記載されています。
続いて百科事典(※2)で「バーチャルリアリティ」を引くと「コンピュータ・モデルとシミュレーション技術を用いて、コンピュータでつくられた三次元空間を視覚その他の感覚を通じ疑似体験できるようにしたもの。仮想現実と訳される」とあります。

VRとは、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)などの専用デバイスを装着することで、コンピュータで作られた仮想空間の中にいるかのような体験ができる技術になります。

モデルルームでのVR体験

サンリヤンJR久留米駅前モデルルームでは共用部分であるラウンジ、モデルルームとは違う部屋タイプ・カラータイプを体験することが出来ます。

VR用へッドマウントディスプレイに「HTC VIVE Pro」を採用しています。

VIVE Proは、VIVE史上最高の性能と機能を備えたヴァーチャルリアリティのシステムであり、拡張性のあるオフィス、大人気のロケーションVRから快適なリビングルームまで、あらゆる用途で最高のVR体験を求めるユーザーのニーズに応えます。そう、VIVE Proなら、史上最高のVRを体験することができます。

スマートフォン装着型のVRと違い、解像度の高さ、リフレッシュレートの高さ(滑らかさ。これが低いとVR酔いしやすくなります)によりVIVE Proはリアルな「VR体験」ができます。

実際のお客様の声として、

「本物みたい」
「わかりやすい」
「違う間取りでもイメージしやすく、間取りが気になっていたがこれなら検討してもよいかも」

という感想を頂いています。

ITを駆使した最新の新築分譲マンションモデルルーム

VRでの体験やタブレット接客ツールなどを導入するなど、「サンリヤンJR久留米駅前」モデルルームは全国でも貴重な最新の新築分譲マンションモデルルームになっています。
ただ最新だというだけではなく、マンション完成前は実際の物件を見ることが出来ない・中々イメージしにくいという課題をVRやITを活用することで解決しています。

今までのモデルルーム以上に購入したあとのイメージが付きやすくなり、結果納得して住宅選びをして頂けるようになっていると言えるでしょう。

サンリヤンJR久留米駅前 物件概要

所在地 福岡県久留米市中央町14-1(地番)
交通 JR鹿児島本線「久留米」歩2分
間取り 2LDK~4LDK
専有面積 66.8m2~103.48m2、(防災備蓄倉庫面積含む)
価格
2548万円~5488万円
入居時期 2020年3月予定

サンリヤンJR久留米駅前の詳細はこちら