Amazon、Alexaスキルの開発に報奨金。有料スキル・広告掲載は今後に期待

Amazonは、Amazon EchoをはじめとするAlexaデバイス上で使える「スキル」の開発者向けに、報奨金を払う仕組みを2019年にも始める見込みです。

毎月、優れたアプリを選んで報奨金を支払うほか、アプリの利用者に課金する仕組みも日米を含む各国で導入を検討中だそうです。

現在のAlexaスキル開発者は、広告や有料課金などでマネタイズする手段がなく、無料で提供しています。今後、報奨金やアプリストアのような機能が充実していけば、開発者にとってマネタイズする機会が生まれ、スマホアプリのような市場が作られていくと思われます。

現在アマゾンの「スキル」は世界で約4万5000、日本では1200以上あります。スマホアプリは600万あると言われているので、まだかなりの差がありますが、スマートスピーカーの普及に伴ってこれからどんどん増えていき、GoogleやFacebookのように人々の生活に根付くスキルも出てくるでしょう。また、AIを活用し膨大なデータをこれからの生活に活かしていくことが予想されます。数年後には思いもよらないサービスが生まれているのでしょうね。

Alexaスキルやスマートスピーカーの今後が楽しみです。