IoTはもっと安全になる!セキュリティ最新事情

スマートホームの強みはIoTでの管理とデータ分析ですが、IoTにはセキュリティが非常に重要です。 万が一サイバー攻撃の被害にあったら、制御できなくなる危険性もあります。 せっかくのIoT技術も、セキュリティ技術の進化なしには幅広い応用が難しくなってしまいます。 そのためIT分野の先端で技術開発に携わる企業ではセキュリティ強化に力を入れています。

大量のデータを安全に共有することを可能にしたクラウドの分野ではセキュリティ対策が進められましたが、多くの人々が利用するスマホなど日常的な利用者が多いデバイスと呼ばれる分野では今後もさらにセキュリティ対策の強化が求められています。 電気自動車によって省エネが実現できるようになりましたが、次は安全な自動運転の自動車の登場が期待されています。 自動運転では、人工衛星を利用したシステムで道路の渋滞状況を把握し、スムーズに走行できる道を選んで目的地に向かうことや、運転者の状況をセンサーによって監視し、ストレスや疲労による体調不良を予測することを可能にするなどを実現するため開発が進んでいます。自動車事故を減らす意味でも非常に注目されています。 人と車の社会はもっと安全に、便利で暮らしやすくなっていくでしょう。

大量のデータを安全に共有することを可能にしたクラウドの分野ではセキュリティ対策が進められましたが、多くの人々が利用するスマホなど日常的な利用者が多いデバイスと呼ばれる分野では今後もさらにセキュリティ対策の強化が求められています。 電気自動車によって省エネが実現できるようになりましたが、次は安全な自動運転の自動車の登場が期待されています。 自動運転では、人工衛星を利用したシステムで道路の渋滞状況を把握し、スムーズに走行できる道を選んで目的地に向かうことや、運転者の状況をセンサーによって監視し、ストレスや疲労による体調不良を予測することを可能にするなどを実現するため開発が進んでいます。自動車事故を減らす意味でも非常に注目されています。 人と車の社会はもっと安全に、便利で暮らしやすくなっていくでしょう。

多くの人が免許を取得できる便利な乗り物として利用されている自動車を、自動運転でさらに安全な乗り物にするためには、セキュリティの専門家ではない人であっても、取り扱いできる仕組みが必要とされます。 これまで技術を競い合い、互いにしのぎを削ってきたライバル同士ともいえる自動車メーカーは今、IoTのセキュリティ強化や人工知能の開発、活用を早期実現するため共同開発に取り組んでいます。 自動車に限らず、業界を超えたIoTへの取り組みも始まっており、IoTは新たなステージを迎えました。 IoTの技術はスピードアップしながら安全な活用への確かな道を進んでいます。