ITを駆使した最新の新築分譲マンションモデルルーム

マンションを購入する際に検討すべきポイントとして立地、価格、設備仕様など様々なポイントがあると思います。実際に購入を検討する前にモデルルームや完成後ならば現地に行ってどんな感じの物件なのか気になると思います。
特にマンション完成前は実際の物件を見ることが出来ないので、中々イメージしにくいですよね。
そんな中、完成後のマンションをイメージしやすいように、最新のツールを使って接客しているマンションモデルルームがあります。
九州新幹線や駅前の大規模再開発でこれからのさらなる発展が期待される福岡県久留米市でのプロジェクト、「サンリヤンJR久留米駅前」モデルルームです。

iPadを導入し効率アップ!お客さまに伝わりやすい接客ツール

モデルルームでの接客は紙のパンフレットや資料が多いのですが、「サンリヤンJR久留米駅前」モデルルームではiPadも併用してします。
紙が悪いということではないのですが、どうしても資料が多いのでかさばる、色々な資料を行ったり来たりで散らかる、当たり前ですが動画などは見れない、というデメリットがあります。
そこでITを取り入れることでよりお客様にとってよりわかりやすく、直感的な情報提供を可能にしています。

「サンリヤンJR久留米駅前」モデルルームでは、マンションに関する情報をiPadにまとめることで、効率的に情報を伝えることが出来るようになっています。

・公共交通機関や教育施設、グルメ情報などの周辺情報の確認
・各タイプの間取りの確認
・お部屋のカラーの違いをシュミレーション
などです。

また、デジタルだから簡単に出来ることとして、

・各階毎の眺望を見ることができる
・日照を動画などで確認出来る

各階毎の眺望をドローンで撮影した写真※で確認することが出来ます。ドローンで撮影した写真なので実際とは違いますが、かなりイメージしやすいです。部屋ごとの眺望を確認できるため、実際入居してみたらがっつり建物が見える、という事は少なくなりそうです。
※写真は現地にてドローンで撮影したものです。撮影時は風の影響などもあるため、実際の眺望とは異なります。

また日当たりに関してはマンションを見下ろすような形(太陽視点)で日当たりを確認出来たり、冬至と春秋分での日当たりを確認出来ます。検討している部屋の日当たりが気になる場合は参考になります。

ITを駆使した接客ツールを導入することでより情報をわかりやすく収集することが出来ます。

実際に使用してみての感想

実際に使用してみた感想をサンリヤンJR久留米駅前の販売代理を行っている株式会社ニーズコーポレーションの営業の方に伺いました。

・効率よく情報がまとまっていて、伝えやすい。
・紙を多く用意しなくてよいので、煩わしさがない。話の流れでどうしても資料を行ったり来たりするが、iPadなら一つにまとめることが出来る
・部屋タイプの違いをiPadで切り替えながら簡単に説明出来る
とのことでした。
iPadを使って効率化しているモデルルームとそうでないモデルルームでは、やはり接客のしやすは大きくちがうようです。

今後はVRも導入予定

「サンリヤンJR久留米駅前」モデルルームでは、今後VRでの接客システムも導入予定だそうです。
VRとはバーチャルリアリティというコンピューターなどで作った仮想の世界を、まるで現実のように体験出来るシステムです。テレビやネットで見たことがある人も増えているのではないでしょうか?
モデルルームでVRを使用すると、モデルルーム以外の部屋タイプなどをVRで体験することが出来るようになります。スペースの問題ですべての部屋タイプをモデルルームに作れるわけではありません。VRがあることで他の部屋タイプを現実に近い感覚で体験出来るようになります。

マンションは一生の中でも大きな買い物。購入前になるべく情報を集め、買った後に何かが違ったということは避けたいと思うでしょう。iPadやVRを使い情報を効率よく集めることで、今までのモデルルーム以上に購入したあとのイメージが付きやすくなるのではないでしょうか?

※9月14日にVRでの体験が出来るようになったようです。

VRでイメージを体験出来る新築分譲マンションモデルルーム

2018.09.18

サンリヤンJR久留米駅前 物件概要 第1期1次

所在地 福岡県久留米市中央町14-1(地番)
交通 JR鹿児島本線「久留米」歩2分
間取り 2LDK~4LDK
専有面積 66.8m2~103.48m2、(防災備蓄倉庫面積含む)
価格
2548万円~5488万円
入居時期 2020年3月予定

サンリヤンJR久留米駅前の詳細はこちら