ZEH、ゼロ・エネルギー・ハウスは近未来住宅

住まいや店舗、ビルなどの建物で電力を選べる電力自由化が始まり、太陽光発電や再生可能エネルギーなど、エネルギーと暮らしの関係も次の時代へとシフトしています。供給されるエネルギーを消費するだけの暮らし方ではなく、エネルギーを創出し、貯めたり、売却したり、とこれまでのように消費者として享受する一方通行ばかりというわけではなくなりました。電気自動車が充電した電力を家庭で利用することもできます。創り出したエネルギーが消費したエネルギーより大きいのがゼロ・エネルギー・ハウス、ZEHの定義です。
スマートホームとも似ていますが、大きな違いはその生み出すエネルギー量です。ZEHの多くは太陽光発電による発電ですが、一年間の消費電力を上回る電力を創出しているため実質消費エネルギーはゼロになる、ということなのです。

「省エネ」するスマートホーム、「創エネ」をプラスするZEH

IoTによる管理がなんと言ってもスマートホームの強みです。むだにエネルギーを消費していないかデータによってチェックし、効率よく省エネへとコントロールできます。ゼロ・エネルギー・ハウスの場合はさらにエネルギーを創出するのが特長です。設備投資としては小さくありませんが、助成金などの制度を利用できると負担を軽減できます。長期間繰り返し利用できる設備でエネルギーの創出が可能です。設備のメンテナンスは不可欠ですので、その維持費もかかりますが、現在主力の太陽光発電では、何より資源を創出したあとの「ごみ」が出ないため環境にやさしく、排出する二酸化炭素も大幅に削減できます。

再生可能エネルギーを住まいに活用する仕組みは太陽光発電のほかにも研究開発が進んでおり、大阪大学の研究グループによると、水が原料でCO2を消費しながら発電するバイオ燃料電池を開発したという発表もあります。藻の光合成を活用したものだそうですが、さまざまな再生可能エネルギーが今後も開発されると予想できます。人間が住まいで暮らしていく以上はエネルギーを消費しないわけにはいきませんが、大量のごみや、環境を破壊しながらのエネルギー消費を回避して暮らすことは夢ではない、ということはグッドニュースでしょう。